ピロリ菌が引き起こす病気:胃がん - ピロリ菌の除菌体験記

¥4230
¥6045

- PutiRaku -

ピロリ菌が引き起こす病気:胃がん

ピロリ菌は胃の中にいるだけでは、直接的には症状は出ないようです。

口臭というのはあるようですが、あとはないという見方が多いようです。

私の場合、よく胸焼けを起こすので、それもピロリではないかとも思いますが、その証拠はありません。

しかし、ピロリ菌をそのままにしておくと、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、萎縮性胃炎になりやすそうである。

ピロリ菌の存在がわかっていない時代には、胃潰瘍や十二指腸潰瘍は再発しやすい病気と思われていたそうです。

しかし、ピロリ菌が発見され、ピロリ菌を除菌しておくと、再発率が明らかに低下するようです。

1994年には世界保健機構(WHO)はピロリ菌を明らかな発がん物質と認定しています。

日本人の50歳以上の80%がピロリに感染しているわけですから、感染を確認して一刻も早く、ピロリ菌の除菌をしたほうがいいと思った次第です。

私の場合、人間ドックでピロリ菌が発見されたのですが、家でも簡単にピロリ菌の感染の有無を調べる「ピロリ菌 感染キット」というものがあります。



ついでに胃がんも調べたい場合はこちらです。








【ピロリ菌 症状の最新記事】
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。