ピロリ菌の除菌体験記

¥4230
¥6045

- PutiRaku -

ピロリ菌除菌、除去の2回目だ

いよいよピロリ菌除去、除菌の2回目だ。

1回目のマクロライド系抗生物質では除菌ができなかった。

つまり同じピロリ菌でもマクロライド耐性菌であったということ。

2回目の抗生剤はアモリンという種類だ。

2回目をもらうときに、酒は飲んではいけないと言われた。

前回も言われましたというと、今回は本当に飲んではいけないのだという。

ということは、1回目は飲んでもよかったのか?

ということで、第2回目を開始した。

薬剤はこちら。

20110211-1.jpg






【ピロリ菌 除菌 2回目の最新記事】

ピロリ菌の除菌に失敗しました。

病院から待望の電話がかかってきたのですが、実は除菌に失敗したという話でした。

ということで、再度、抗生物質を変えて、除菌に挑戦です。

がっかりという感じですね。


ピロリ菌検査の費用と方法

前回お話したように、ピロリ菌除去の抗生剤を朝晩1週間飲んで1か月たちましたので、ピロリ菌除去、除菌に成功したかどうかのための検査に病院に行きました。

最初、ピロリ菌がいるかいないか調べるのは血液検査で、4,000円ほどかかります。

これは、自宅でも検査薬を使えばできます。

早期発見【ピロリ菌検診キット】忙しい人必見!自宅で簡単検査完了♪

抗生剤による治療後は、病院でまた別の検査を行います。

尿素呼気試験法と呼ぶ方法が一般的なようです。

具体的な方法は、

まず、丈夫な紙でできた袋を渡され、そこに息を吹き込んで、ふたを閉めます。

その後、何かの薬を飲んで、15分間横になります。

15分後に再び、最初と同じように、袋に息を吹き込みます。

これで終わりです。

近所のクリニックで支払った金額は、5,300円でした。

こちらが領収証です。

IMG_0001s.jpg

さて、あとはピロリ菌が除去されていることを祈るばかりです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。